目と耳どっちが大事?(その2)

 こんにちは。

 

補聴器ソムリエの洞です。

 

今回も引き続き“目”と“耳”の比較です。

 

前回は話相手と気持ちを通わせるには“目”よりも“耳”の方が役に立っているという

お話しをしました。

 

実はもう一つ“耳”の方が役に立っていることがあります。

 

それは・・・

 

身に迫る危険を察知するには“耳”の方が役に立っています。

 

“目”は見える範囲の危険しか察知できませんが、

 

“耳”は見えない方向からの危険信号察知できます。

 

耳の仕事は音声を聞き取るだけでなく、様々なものを察知するセンサーの役割も

こなしているんです。

 

背中越しに人の気配を感じたり出来るのも“耳”のお陰なんです。

 

耳が聞こえにくくなると音声が聞き取りにくくなるだけでなく

 

センサーの役割もこなせなくなってしまいます。

 

聞こえないということは実はとても怖いことなんです。

 

ちなみに・・・

 

これは耳を塞がれた人が乗り物に乗ると危険、という話でしたが

 

難聴の方も同じに危険が察知できません。

 

想像してみてください。 

 

大勢が歩いているスグそばを、危険を察知できない人の

 

運転する自動車が通り過ぎるところを・・・

 

ゾッとしますよね!

 

聴こえに不自由がありながら車の運転を続けている方が

 

いらっしゃいましたら、今後も続けていくのかどうか、

 

ご家族とよく話し合ってみて下さい。

 

今回も“耳”の重要性、ご理解いただけましたでしょうか。

 

さくら補聴器夙川店

 

☎ 0798-33-4133

〒662-0051

兵庫県西宮市羽衣町7-30

川グリーンタウン地下1階

 ホームページはこちら

他のブログはこちら

お問い合わせ

 

               み み   よ い み

 0798-33-4133

 

 

住所

 

〒662-0051

兵庫県西宮市羽衣町7-30

夙川グリーンタウン地下1階-003

 

営業時間

 

  9:00 ~ 17:00

 

定休日

日曜日 ・ 祝日

* 水曜日の午後はご自宅訪問の時間とさせていただいております。

* 事前にお電話いただきましたら
定休日、営業時間以外でも
対応させていただきます。