補聴器のご用命は西宮のさくら補聴器におまかせください

最新ニュース

充電式の補聴器が発売されました。 リチウムイオン電池搭載で、たった3時間の充電で24時間使用が可能です。 しかも付けていることが周囲に知られない“シークレット補聴器”タイプです。 簡単便利で目立ちません。 充電式補聴器の何が簡単便利かと言いますと、まず電源の入れ方です。 従来の電池式ですと・・・

すでに補聴器をお使いの方はご存知でしょう。 このような面倒で細かい作業が毎日必要となります。 一方充電式ですと・・・

 

補聴器を取り出してボタンを3秒間押すだけです。 ライトが光って電源が入ったことを知らせてくれます。 とても簡単でしょう。 次は電源の切り方です。 電池式ですと・・・

 

使わない時は必ず電池を取り出しておく必要があります。 しかも電池の寿命は1粒で1週間から3週間(電池サイズによって違います)です。 無くなれば買いに行かなければいけません。 当然有料です。 一方充電式は・・・

 

ケースに収めるだけで勝手に電源を切ってくれます。 電池の出し入れも、交換も、購入も必要ありません。

 

搭載されているリチウムイオン電池とは携帯電話やパソコン、エコカーにも使われている充電池です。 パワーが強く長寿命で小型軽量なのが特徴です。 最新の技術で超小型の“シークレット補聴器”にも搭載することが可能になりました。 簡単便利で目立たない充電式補聴器を是非体験してみてください。

ブログをはじめました。 補聴器のことを可能な限り分かりやすく解説いたします。 毎週木曜日更新いたします。 是非一度ご覧になってみてください。

ブログページはこちら

補聴器ハウツーアニメーション 補聴器日記

補聴器はじめての方へ”失敗しない補聴器のはじめ方”のアドバイス!

 

補聴器日記 その1

夙川に補聴器専門店が出来ました。

テナントビルと店頭の様子

こんにちは。
「さくら補聴器 夙川店」と申します。
この土地で開業させていただくことになりました、
夙川では唯一の”補聴器の専門店”です。
阪急夙川駅南の夙川グリーンタウン地下1階です。
雨の日でも夙川駅から濡れずに来ることができます。
聞こえのお悩みがございましたら、どうぞお気軽にご相談ください。

補聴器は笑顔を創ります。

使用者の変化

ご存知でしたか? 補聴器を初めて付けた方が
徐々に経験を積んでいかれると
見た目に変化が現れてくるんです。
- 表情が明るくなっていきます。 - 理由は補聴器を付けて人と関わる回数が増えることにより
脳が刺激を受ける頻度が増すからではないかと言われています。
補聴器は、ただ単に音を大きくする機械ではなく、笑顔を創り出す機会なんです。

補聴器はみんなで使います。

使用者と周囲の人々

補聴器を付けるのは、
ご本人様お一人ですが、
その補聴器の恩恵は、
ご本人様はもちろんのこと
ご家族、お友達、
話をされる全ての方々が
受けられることになります。
補聴器を始められた方のご家族が
「本当に良かった!」と喜ばれる姿をよく目にすることがあります。
ご本人様と同じ量の不自由を、周りの方々も感じているということなんですね。
補聴器はみんながその恩恵を受けられる”みんなで使う機械”です。
一度、ご家族で補聴器について話されてみませんか。

補聴器は変わりました。

良いイメージの無かった補聴器

「補聴器」のイメージってどんなですか?
「恥ずかしい」「お年寄り」「わずらわしい」
「雑音が多い」「値段が高い」・・・
あまり良いイメージはありませんよね。
でも補聴器も日々進化しています。
特にここ数年でかなり変わりましたよ。
その一例をご紹介しましょう。

「恥ずかしい」  -  周りから見えない”シークレット補聴器”が出来ました。

耳かけ型と耳あな型補聴器使用中の様子

右の写真を見てください。
補聴器を付けている写真です。
補聴器わかりますか?
最近は、このような
”シークレット補聴器”が人気です。
実際にお使いのお客様によりますと、自分で外して見せない限りバレないそうです。
意外とあなたの周りにも”シークレット補聴器”の使用者がいるかも知れませんよ!

「お年寄り」  -  60歳未満を対象にした”カッコいい補聴器”が出来ました。

補聴器に見えない補聴器

これが60歳未満を対象に作られた補聴器です。
補聴器には見えないでしょう?
カラーも色々選べます。
テレビに出ている歌手が似た物を付けてますよね。
実はテレビや音楽、携帯電話も聞けるんです。
携帯電話の受信機に補聴器の機能が付いているって感じです。
60歳未満を対象に作られた補聴器ですが、60歳以上の方にも大人気です。

「わずらわしい」 - 付けている事を忘れてしまう”楽な補聴器”が出来ました。

“楽な補聴器”の耳栓部分。耳の穴をふさぎません。

これまでの補聴器は耳の穴をふさいでいたために
密閉感という”わずらわしさ”がありました。
両手の人差指で、両耳をふさいでみてください。
これがズーッと続くと思うと、わずらわしいでしょう。
両指を少し抜いてみてください。
楽になったでしょう。
この理屈で作られた耳の穴をふさがない補聴器が
業界形態を大きく変えるほど売れています。
付けていることをついつい忘れてしまう程です。

「雑音が多い」  -  雑音を抑える”静かな補聴器”が主流です。

アナログ補聴器とデジタル補聴器の効果イメージ

これはアナログ補聴器が主流だった頃に
言われていたことです。
今はデジタル補聴器が主流となり、
ほとんどのデジタル補聴器に
雑音を抑える機能が付いています。
一度、試聴をしてみてください。
驚くほど静かですよ。

「値段が高い」  -  普及版のデジタル補聴器が出来ました。

現在はデジタル補聴器が普及する時代

数年前まで、高価格品はデジタル補聴器、
普及品はアナログ補聴器という時代でした。
しかし最近はほとんどがデジタル補聴器となり、
普及品のデジタル製品が市場に出てきました。
普及品とは言え、デジタル補聴器ですから、
最小限の機能は搭載されていながら、
しかも、お手頃価格で販売されています。
以前に比べて補聴器は随分と身近な存在になりました。

お問い合わせ

 

               み み   よ い み

 0798-33-4133

 

 

住所

 

〒662-0051

兵庫県西宮市羽衣町7-30

夙川グリーンタウン地下1階-003

 

営業時間

 

  9:00 ~ 17:00

 

定休日

日曜日 ・ 祝日

* 事前にお電話いただきましたら
定休日、営業時間以外でも
対応させていただきます。

水曜日の午後は自宅訪問時間です。

水曜日の午後は自宅訪問時間です。